技術情報

Technical information

当社は、独自のVA(value analysis)とVE(value engineering)を融合した次世代型経営を目指し、

お客さま目線で技術的な価値創造をサポートします。

01

Time is money

早期着手・導入による価値創造

FA自動化・省力化・ロボティクス技術開発・製作を早期着手し、早期導入致します。

初期検討(仕様・構想)から設計・製作・制御・設置まで対応致します。 弊社は様々な分野で自動化・省力化の実績を保有しており、その技術蓄積をベースに分野を越えて 融合した独自の技術提案スタイルで事業を展開しております。 様々な産業分野の担当者さま(生産技術・製造技術・製品技術・品質管理・・)の抱える課題や問題に 対してどのように自動化・省力化・効率化できたのかをより多く経験しているという点です。 人手不足や労災対策、技術課題だけでは無く、悩みや問題は日々難易度も高くなっておりますが、 正確に迅速に一緒になって対応致します

02

Balance of maintenance

ワーキングコンサルによる価値創造

ワーキングコンサルによる維持管理サポート及び技術継承支援

弊社は、納入した機械・設備は当然ですが、他社の機械についても積極的にメンテナンス・保守保全 活動、オーバーホール・更新など・・対応致します。 他社メーカーが対応できない機械のコピー・改造改善を含めたリニューアルの実績がありますので、 可能な限り、相談いただいた場合、調査から点検整備まで対応しております。 技術継承をベースに考えておりますので、ワーキングコンサルという新提案で一定の評価を得ており、 トータルのコストメリットを実感していただける提案を準備しております。

03

Organization coordination

並行技術進行による価値創造

協力会社や外注企業との連携による特殊小口~プロジェクト規模案件への対応力

弊社は、技術者の数は少数ですが、協力会社及び外注企業との長年の信頼関係から連携による プロジェクト規模への対応力を保有しており、大型機械・ライン設備や海外メーカ連動設備開発に伴う 国内試運転対応などの大型案件から治具設計、パーツ設計、機構設計製作のみ、試作品製作のみ・・など という小口、特殊加工品・処理まで多岐にわたって技術対応できる体制を構築して参りました。 機械の制御についてもPLC、PC、データロガーなど近年トレーサビリティやエビデンスが必須となり、 情報管理、NAS、QR・バーコード、画像記録・・などの履歴・製造記録関連のシステム構築や連携も 専門の外注先と連携し対応しております。

04

Technical information

次世代ニーズ先取技術開発による価値創造

様々なニーズ・課題を事業化する次世代型技術開発力

弊社では、マイクロナノバブルの応用技術開発を8年前から本格的にスタートし、自社製品化を 目標に進めて参りました。複数の特許を取得・出願しており、製品化の土台が完成しました。 さらに技術開発を進め、2019年2月に自治体と農業者と共同で申請し「農商工連携事業計画認定」を 受ける事ができました。その後、自治体推薦で2019年12月に「地域未来牽引企業」にも認定され、 2020年3月に事業継続力強化計画の認定、5月にJAPANブランド(大葉選別機の全国展開と販路拡大) の採択を受けました。これらの補助事業は、マイクロナノバブル・ミストの弊社取組みを事業化・製品化 を進める上で重要な取組みとなっており、日々全力で取り組んでおります。 新技術を通して、皆さまからのニーズ(課題や問題点)を解決する為、次世代へ技術継承できるよう 日々取組んでおります。